光脱毛とレーザー脱毛

脱毛方法にはいくつかの施術方法があるのですが、その中に光脱毛とレーザー脱毛という脱毛方法があります。光脱毛とレーザー脱毛はそれぞれの特徴があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

一般的には、エステティックサロンや脱毛サロンで行なわれる安い脱毛が光脱毛で、脱毛クリニックで行なわれる施術方法がレーザー脱毛となっています。

光脱毛とレーザー脱毛の安全性と痛さの違い

光脱毛とレーザー脱毛の違いや、メリット・デメリットについてみていきましょう。

 

まず安全性の点からみてみると、光脱毛は、カメラのフラッシュのように、光を一瞬だけ照射して毛母細胞を死滅させるようになっています。

 

肌の温度を上げずに、毛根の毛母細胞のみを死滅させる方法であるために、肌への負担が少ないというメリットがあり、安全で安心な脱毛方法だといえます。
しかし、個人差がありますから、火傷やシミといったデメリットもあります。

 

一方、医療機関で行われるレーザー脱毛は、毛根と毛包を焼灼する、医師監督のもとに行なわれる安全な脱毛方法です。こちらも、火傷やシミといったデメリットは全くないわけではりません。

 

では痛みの面を比べてみると、光脱毛は、「ピリッ」とする痛みがあり、レーザー脱毛の施術では、肌に熱さと刺激を感じる場合があるようです。

光脱毛とレーザー脱毛の効果の違い

また、効果面をみてみると、1回当たりのムダ毛の処理本数は、光脱毛では、平均的に80〜120本のムダ毛を処理することができ、レーザー脱毛では、平均的に1〜30本のムダ毛処理が可能となっています。

 

一度の脱毛できる量は光脱毛の方が優れているのですが、ポイント的なムダ毛処理はレーザー脱毛の方が優れているようです。

 

さらに施術時間で比べてみると、ワキのむだ毛処理の場合でみると、光脱毛の施術時間は、両ワキで5分程度となっているのに対して、レーザー脱毛の施術時間は、両ワキで30分程度が必要です。また、施術期間は、光脱毛もレーザー脱毛共にも変わらないようで、施術期間は2年程度となっています。