サロン脱毛と永久脱毛の違い

サロン脱毛と永久脱毛の違い

エステサロンの脱毛

エステサロンでの脱毛は、その方法が光脱毛を主に採用しているために、脱毛の効果は医療機関と比べると少し劣ります。従って、永久脱毛は、余り期待できません。

 

それでも、回数、期間に制限がない場合では、通い続けることによってある程度満足のいく脱毛ができます。基本的に、エステサロンでの脱毛は、減毛と考えてよいと思います。

 

針を使う電気脱毛(ニードル脱毛)をするエステサロンもありますが、医療機関での電気脱毛とは使用する機器が異なりますし、施術する人も医療機関では脱毛の資格を持った人が施術しますが、エステサロンでは、協会の資格のある人もいますが、特に資格の保持は要件でないようです。

 

また、電気脱毛は、資格を持っているこことは別に、施術する人の技量がはっきりあらわれる施術だといわれています。脱毛エステについては、脱毛サロン 評判をしっかりと確認しておきましょう。

医療機関の脱毛

医療機関では、電気脱毛とレーザー脱毛が主なものです。電気脱毛は、絶縁針を使用して、それを毛穴に挿入し針の先から高周波を発生させて毛根の周りを壊すことにより脱毛をするというものです。

 

ここで発生させる高周波は、エネルギーが(エステの電気脱毛より)高いので、脱毛の効果も高く、永久脱毛が保障されています。ただし、施術時の痛みは、数ある脱毛法の中で一番です。そんなわけで、医療機関では麻酔をすることが多いそうです。

 

レーザー脱毛は、毛根の周りにレーザーを当てて、その熱でその部分を壊してしまうという脱毛方法です。この方法は、比較的新しいものですが、ほぼ永久脱毛と言って良い脱毛の効果があります

 

ちなみに、エステでの光脱毛は、レーザーの代わりに光を当てるというものです。この光のエネルギーがレーザーに比べると弱い事と、光が拡散してしまうという性質から、レーザー脱毛よりは脱毛の効果が得られないということになります。